インタビュー

雇用者のバックグラウンドチェック

​ここでは企業が人を雇う際の調査内容について解説します。

将来入社予定の、または現在の従業員のための調査。雇用対象者のバックグラウンドを下記のような内容で確認します。


・犯罪記録のチェック
シンガポールにおける記録はもちろんのこと、入社予定の従業員がシンガポール出身ではなく、最近仕事を求めてシンガポールに移った場合も調査します。

・薬物検査
最も一般的な従業員のスクリーニングの1つ。対象者に違法な物質が利用されているかどうかを判断します。もちろん事業所が所在する地域の現地法を完全に遵守して行う必要があります。

・クレジット履歴
これには主に信用履歴のスクリーニングが含まれます。彼らが疑わしい信用履歴を持っている場合、無責任な行動が起きるリスクがわかります。

・自動車の違反記録
これは自動車を運転するために従業員を雇用している企業に適用されます。セールス、配送、トラック輸送が含まれます。この特定の情報はMOTシンガポールからのものであり、免停、事故、違反、有罪判決、懲戒処分などの記録が含まれています。

・教育履歴チェック
通常企業は求職者の潜在的な学歴、学業成績を検証し、妥当性を確認したいと考えています。しかし疑わしく見える場合は、選択した私立探偵が学術機関に日付、研究分野、取得した学位、平均成績点、および卒業日を確認します。企業が選考を実行するために必要なすべての合法的な文書を調査して収集します。